胸板 鍛え方 女

女に効果的な胸板の鍛え方!

腕立て

 

女性におススメなのは「腕立て伏せ」!

 

女性にとって、「胸板」と聞いてもなかなかピンとこない人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、胸板にあたる大胸筋は、バストを吊り上げる働きもしてくれます。
加齢とともに垂れ下がってくるバストを、胸板を鍛えることで若々しくキープすることも可能です。

 

ここで、簡単で効果的な鍛え方をご紹介しましょう。

 

まず、最も効果的なものは、腕立て伏せです。

 

胸の筋肉を鍛えるためには、両手は肩幅より広く床に置きます。
ここで肩幅より狭くすると、腕の筋肉を鍛えることになります。

 

そして、ゆっくり、体を床に沈めていきます。左右の肩甲骨をギューっと寄せることがポイントです。

 

そして、もとの位置に戻した時は肩甲骨が左右に開いていることを意識します。

 

胸の拮抗筋、つまり、胸とは反対側の肩甲骨周辺の筋肉を意識して動かすことで、
胸の筋肉への働きかけがより大きくなります。

 

焦らず、一回一回ゆっくりと行ってみましょう。

 

腕立て伏せはかなりの筋力を使います。
無理のない回数から始めてみてください。

 

 

その他のお手軽な鍛え方!

 

他に、手軽な方法として、合掌による筋トレがあります。

 

やり方はいたって簡単。両手を強く合わせて10秒静止するだけです。
お風呂でも、トイレでも、テレビをみながらでもできるのでおすすめです。

 

胸より少し離して手を合わせたほうが、胸筋への働きかけは大きくなります。
10秒を5セットが目安ですが、気が向いたときに何回でもできそうですね。

 

大切なことは、少しずつでも毎日行うことが大切です。
自分のペースで、無理なく続けられたらいいですね。